令和4年度子どもゆめ基金 病院施設の子どもたちへあそび・交流ワークショップ体験を届けます。

「病院や児童福祉施設の子どもたちが自己肯定感を高めるあそび・交流ワークショップ体験」

★目的

コロナ禍が長引き、病気で入院している子どもや、虐待など家庭の事情で児童福祉施設にいる子どもは、これまで以上に制限された生活を送り、あそぶことや新たな出会いや体験、気持ちを発散する機会が失われ、心身の成長発達が著しく危惧されます。どんな状況にあっても子どもの成長発達と生きる力にはあそびの体験が必要です。安心して自分を表現し、楽しくて希望につながるあそびと交流の体験を届けて、子どもの自己肯定感を高め、情緒的QOLの向上を応援します。

★実施計画  千葉県内18施設で実施します。

2022年8月6日(土)養護施設不二学園「みて!きいて!つくってあそぼう!」

2022年8月18日(木)放課後デイむぎ畑「夏のクラフトタイム☆遊ぼう!飾ろう」→10/7に変更

2022年8月23日(火)放課後デイグリーンヒルキッズ「みんなでおどろうロックソーラン」

2022年8月26日(金)市川児童相談所「見たことのない生き物をつくろう」

2022年8月31日(水)東上総児童相談所「BBモフランアフリカンパーカッション」

2022年9月13日(火)中央児童相談所「ダンスワークショップ」

2022年10月2日(日)一宮学園「体をつかっていっしょにあそぼう」

2022年10月12日(水)柏児童相談所「からだをつかっていっしょにあそぼう」

2022年10月13日(木)銚子児童相談所「見たことのない生き物をつくろう」

2022年10月23日(日)野の花の家「からだをつかっていっしょにあそぼう」

2022年10月30日(日)子山ホーム「体をつかっていっしょにあそぼう」

中央児童相談所
ダウンロード

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン